グリーン・モビリティ・カフェの報告

2019/07/20 § コメントする

2019年3月、「福祉と交通の連携について」をテーマにグリーン・モビリティ・カフェをcafeあにみで開催しました。2018年10月に改訂された横浜都市交通計画は「新たに福祉・観光・防災など他分野との連携を重視した計画」(横浜市記者発表資料から)となっており、特に福祉との連携を重視していることに鑑み、今後、福祉と交通の連携をいかに進めるかを話しあいましたので報告いたします。

2
[プレゼンテーション]
(1)横浜交通まちづくり協議会の活動(当会代表 松川由実)
冒頭、代表の松川から当協議会の活動について説明しました。
・松川由実プレゼン資料

(2)福祉と交通の連携について(かながわ移動ネット 石山典代)
基調プレゼンとして当会の会員でもある石山から、福祉と交通の連携について現状と課題を説明しました。
・石山典代プレゼン資料

(3)横浜都市交通計画について(横浜市都市整備局都市交通課長 橋詰勝彦様)
続いて、横浜市の橋詰課長が改訂された横浜都市計画について説明しました。
基本方針1、「市民生活の質の向上につながる交通政策」に重点を置いた説明でした。
・橋詰勝彦様プレゼン資料

(4)健康の維持と外出の関係(大豆戸地域ケアプラザ・包括支援センター 稲田説子様)
稲田様からは健康の維持と外出の関係について、地元のデータを用いて説明いただきました。
数字の裏付けのある説明は説得力あるものでした。資料については個人が特定される
可能性が高いとのことでWEBでは公開いたしません。

(5)「よこはま地域包括ケア計画」(横浜市健康福祉局地域包括ケア推進課長 喜多麻子様)
喜多様からは横浜の地域包括ケアの現状と身近な地域の取組事例について説明いただきました。
・喜多麻子様プレゼン資料

[パネルディスカッション]
後半は以下のメンバーで会場の参加者も交えパネルディスカッションを開催しました。
コーディネータ 鏑木孝昭(当会副代表)
パネリスト(予定:敬称略) 稲田説子,大野慶太(東宝タクシー代表取締役),
喜多麻子,清水弘子(当会副代表),橋詰勝彦

充実した話し合いが行われました。意見は以下のようなものがありました。

・地域包括ケアはコミュニティの力がないと成立しない。
・地域住民が「汗をかく」ことが必須。
・移動に関しては地域住民の危機感がほとんどないと感じる。
・65歳の節目に移動支援などの情報を渡している行政もある、工夫はいろいろできる。
・横浜は地域のつながりはまだ残ってる地域だと思う、これを大事にしたい。
・2025年問題は不十分ながら手当てが進んでいる、2040~45がより深刻。
・安全は行政、外出を促す魅力づくりは民間という役割分担で協力すべきではないか
・居場所づくりは地域包括ケアの肝だが、その居場所に情報が足りない。
・社福の移動に関する貢献も進んでいるが、社福ではイベントはできるが日常の足の提供は難しい。
・仕事がきっかけだと高齢者が地域に出やすいので、プロボの推進が望ましい。
・地域交通部会で今日のような話をすべきである。

今後も、福祉と交通の連携について話し合いと検討を進めてまいります。

以上

昨年開催されたグリーン・モビリティ・カフェの記録動画を公開いたします

2016/01/26 § コメントする

今回のグリーン・モビリティ・カフェのテーマは「公共交通の利用促進のためにネットは何ができるか?」でした。当協議会の活動紹介のあと、構築中の公共交通利用推進のための“ポータルサイト”の解説、行政の交通部門のネット活用、ネット先進事例と内容の濃いプレゼンがそろいました。その後、これまた内容の濃いパネルディスカッションが行われました。長めの動画ですがぜひごらんください。

グリーンモビリティカフェ2015「公共交通の利用促進のためにネットは何ができるか?」

2015/11/04 § コメントする

bnrGMC2015

Greenmobility Cafe 2015
人と環境にやさしい交通ー横浜グリーン・モビリティ・カフェ

公共交通の利用促進のためにネットは何ができるか?

少子高齢化が進むにつれ、地域の交通も衰退が進んでいます。この衰退をとめ、人々の足を確保するためには、バス路線の縮小などが起こらないように公共交通を市民ひとりひとりが適切に使っていく必要があります。私たちは市民ひとりひとりに乗り換え案内や地図情報等公共交通の利用に資する情報が届くことが望ましいとの考えから公共交通利用推進のためのポータルサイトの作成に取り組んでいます。今年のカフェでは作成中のポータルサイトや公共交通利用促進に役立つネットでの先進事例をご紹介し、公共交通の利用促進のためにネットは何ができるかを話し合います。

………………………………………………………………………………

日時:11月28日(土) 13:30-16:30

会場:横浜市市民活動支援センター4Fワークショップ広場
https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=10

主催:横浜交通まちづくり協議会
https://greenmobilityclub.wordpress.com

参加費:無料

問合先:045-534-6718(かながわ福祉移動サービスネットワーク)
kabu★ops.dti.ne.jp (鏑木)(★→@に替えてください)

………………………………………………………………………………

スケジュール(予定)

(1)プレゼンテーション 13:30-14:45

横浜交通まちづくり協議会の活動
松川由実(横浜交通まちづくり協議会 代表)

公共交通利用ポータルサイトの構築について
鏑木孝昭(横浜交通まちづくり協議会 副代表)

利便性向上のためネットをどう使うか?(仮)
鈴木秀利(横浜市交通局 自動車本部 営業課 管理係長)

先進的ネット事例紹介(仮)
高島亮太(らくもび)

(2)パネルディスカッション 15:00-16:30

「公共交通の利用促進のためにネットは何ができるか?」

武居隼人(オルタナS横浜支局長)
上記プレゼンテータ他1名
コーディネータ 小田部明人(横浜の公共交通活性化をめざす会 事務局長)

………………………………………………………………………………

GMC2015リーフレット
>>リーフレットのダウンロード

mapGMC2015

………………………………………………………………………………

私たち横浜交通まちづくり協議会は、人と環境にやさしい交通を横浜で実現し、交通の視点からよりよいまちづくりに寄与することを目的にしている団体です。かながわ福祉移動サービスネットワーク、横浜の公共交通活性化をめざす会など、環境・まちづくり・福祉・文化創造等の活動をしている市民や市民団体が会員となっています。

毎年のイベント「グリーン・モビリティ・カフェ(人と環境にやさしい交通を考える)」を今年も開催します。というイベントを開催しています。当会の会員や有識者、横浜で交通や福祉、まちづくりに取り組む団体が集まり、まじめに楽しく意見交換する催しです。今年のテーマは「公共交通の利用促進のためにネットは何ができるか?」です。みなさまの参加、お待ちしております。

………………………………………………………………………………

 

「グリーンモビリティカフェ2014」無事終了しました。

2014/12/16 § コメントする

gmcIMG_9778

「グリーンモビリティカフェ2014」無事終了しました。少ない人数でしたが幅の広いかつ深い議論をすることができました。前半のプレゼンテーションの録画はこちらです。

グリーンモビリティカフェ2014 「地域交通の新しい枠組み」

2014/12/02 § コメントする

GreenMobirityCafe2014

横浜交通まちづくり協議会は、昨年に引き続き「グリーン・モビリティ・カフェ(人と環境にやさしい交通を考える)」を開催します。当会の会員や有識者、横浜で交通や福祉、まちづくりに取り組む団体が、肩の凝らない話をして、参加者はお茶を飲みながらそれを聞くという催しです。今年のテーマは「地域交通の新しい枠組み」です。

・・・・・・・・・・・・・

人と環境にやさしい交通を考える

グリーンモビリティカフェ2014

「地域交通の新しい枠組み」

■ 日 時:12月14日(日曜)13:00-17:00

■ 会 場:横浜市市民活動支援センター

     4Fワークショップ広場

(JR桜木町駅徒歩5分)

・・・・・・・・・・・・・

FaceBookイベントページ >> http://urx2.nu/eMxX

リーフレット(PDF)をダウンロード >> https://greenmobilityclub.files.wordpress.com/2014/12/gmc2014leaflet.pdf

・・・・・・・・・・・・・

■ 当日のプログラム

(1)プレゼンテーション

・地域交通の新しい制度について

かながわ移動福祉サービスネットワーク

・「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム」報告

横浜交通まちづくり協議会

2)パネルディスカッション

・「地域交通の新しい制度をどう使うか?」

行政・事業者にも参加いただき話し合います。

・・・・・・・・・・・・・

少子高齢化が進むにつれ、地域の交通も衰退が進み、移動の手段を持たない高齢者や日常の買い物に困難を抱える人々が増えています。昨年はこのような問題意識から「移動困難者とその支援」というテーマでグリーン・モビリティ・カフェを開催しました。今年は視点を変え、地域の交通を支える新しい制度について考える機会を設けることにいたしました。地域交通の衰退に対し、制度の改変が激しくなっています。具体的には「交通政策基本法」「地域公共交通活性化再生法」「タクシー特措法」「地方分権一括法」といった法律が制定または改変されています。今年もグリーン・モビリティ・カフェではこの制度について大まかな解説をしたうえでそれらの制度をここ横浜でどのように使っていくべきかを話し合います。近未来の横浜にとって大変重要なテーマです。ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・

■ 参加費:無 料

■ 主 催: 横浜交通まちづくり協議会

GreenMobilityClub.wordpress.com

■ 後 援:横浜市都市整備局(申請中)

■ お問合せ先:045-534-6718(かながわ移動福祉サービスネットワーク内)

kabu★ops.dti.ne.jp (鏑木)★マークを@に差替えてください

・・・・・・・・・・・・・

イベントの模様はインターネットTVで生中継されます。

www.ustream.tv/channel/GreenMobilityTV

「第3回グリーンモビリティカフェ」の記録映像を公開

2014/04/10 § コメントする

清水さん発表

2013年12月1日に開催した「第3回グリーンモビリティカフェ」の記録映像が、(公財)ハイライフ研究所さん制作により公開されています。是非ご覧ください。配布資料(PDF)のダウンロードもできますのでたいへん有益です。

………………………………………………………………

1) 横浜交通まちづくり協議会と移動困難者の現状 

「主催者挨拶」 横浜交通まちづくり協議会代表 松川由実

「横浜交通まちづくり協議会の活動」 横浜交通まちづくり協議会副代表 鏑木孝昭

「移動困難者とその支援、概況」 横浜交通まちづくり協議会副代表/NPO法人かながわ福祉移動サービスネットワーク代表
清水弘子

http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=10483

………………………………………………………………

2) 横浜市の取組み 

「移動困難者とその支援、横浜市都市整備局の取組みについて」 横浜市都市整備局都市交通課係長 橋詰勝彦

「移動困難者とその支援、横浜市健康福祉局の取組みについて」横浜市健康福祉局高齢在宅支援課係長 佐藤亮太郎

http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=10512

………………………………………………………………

3) NPOによる支援、横浜市旭区若葉台での取組み

「移動サービスとUDタクシー」 認定NPO法人かながわ福祉移動サービスネットワーク 事務局長 石山典代

「若葉台・福祉のまちづくり」 NPO法人若葉台理事長 白岩正明

http://www.hilife.or.jp/wordpress/?p=10582

 

………………………………………………………………

第3回グリーン・モビリティ・カフェ
移動困難者とその支援~日常の移動に困っている人たちの支援とまちづくりについて~
開催日時:2013年12月1日
会場:若葉台団地地域交流サロンふれあいにし(横浜市旭区若葉台4丁目・旧若葉台西中学校)
主催:横浜交通まちづくり協議会
共催:NPO法人若葉台

映像制作・配信:公益財団法人ハイライフ研究所

グリーン・モビリティ・カフェ 開催しました。

2013/12/02 § 1件のコメント

清水さん発表パネルディスカッション12月1日、グリーン・モビリティ・カフェを開催しました。若葉台団地に団地で実際に「移動支援」に取り組む方々、行政、当協議会メンバーが集まり、内容豊富なプレゼンと率直な意見交換が行われました。大変貴重な機会でした。場所と飲み物の提供をいただいたNPO法人「若葉台」様に深く感謝いたします。当日の資料やプレゼン動画も公開の予定です。公開されたらまだご案内いたします。

Where Am I?

グリーン・ モビリティ・クラブグリーンモビリティカフェ カテゴリーを表示中です。